遺品整理は故人の思い出の整理であり単なる物の整理ではない

遺品整理について知る

遺品整理をしなければという思いがあっても気持ちの整理ができない限りは、中々その作業は進みません。

遺品整理について知るmainイメージ

遺品整理は故人の思い出の整理であり単なる物の整理ではない

遺品整理士協会があって業界も健全に整理されてきています。

遺品整理業者の選び方で注意したいのは、その会社に遺品整理士が担当しているかどうかです。

信頼できる業者の判断基準で遺品整理士の有無を見るのも一つの方法です。

遺品整理は供養の意味もあります。

この記事では【遺品整理は物の仕分けではなくて故人の思い出の整理であること】について解説します。

■死亡した身内の遺品整理はとても辛い!

とりわけ肉親の場合はたくさんの思い出があります。

遺品整理をしなければという思いがあっても気持ちの整理ができない限りは、体も動きません。

誰でも同じでしょうが、故人が大切にしていたものを処分するとなったら、作業がはかどらないのです。

■思いがけない発見もある!

故人が毎日日記を書いていた場合は、それが見つかることもあります。

遺品整理をしていると、そんな良いこともあります。

故人の思いをじっくりと読むことができます。

実際に芸能界でも…蟹江敬三さんの遺品整理で出てきた超貴重な物? 蟹江一平

家族への感謝の気持ちが書かれていたりすると、グッとこみ上げてくるものがあります。

故人のお友達やお世話になった人達へ形見分けのものとしてお渡しできると故人の思い出が生き続けることになります。

昔の人は、物を大切にしている人が多いです。

生活に使っているものだけではありません。

幼い頃、故人に送った手紙や写真がでてくることもあります。

プレゼントした包装紙までキチンと折りたたんでいたりするのです。

こうなるとなかなか遺品整理も進みません。

そんな場合には、思い切って遺品整理専門業者に依頼するといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトコンテンツ

メールフォーム

あなたの声をお聞かせください!

お名前

性別

年齢

メールアドレス

内容


Copyright (C) http://nintendo-city.com/. All Rights Reserved.